* 迷い鳥保護しています*
オカメインコ シナモンパイド
保護した日: 6月3日
場所:横浜市緑区北八朔

詳しくは こちら★


バナー4




CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
* 迷い鳥保護しています*
オカメインコ シナモンパイド
保護した日: 6月3日
場所:横浜市緑区北八朔

詳しくは こちら★


バナー4







* 我が家の小鳥様 *

セキセイインコ......Pal
4色ハルクイン

2007年10月29日 お迎え***
1歳4ヶ月の男の子♪
本来は同居の両親の飼い鳥
2007年暮、ワケあって我が家に居候・・ そのまま居座ることに
手乗り度 100% 呼ぶと来る.
噛まれたことは1度もない


セキセイインコ.....上杉Ril
白ハルクイン
Birthday♪ 4月18日

2008年5月8日 お迎え***
ただ今、生後約10ヶ月
Palのお嫁さん候補だったのに
 ♂オスでしたっ
手乗り度 3% 下降の一途.
手に乗るより飛んでいたい時期


ボタンインコ......Joy
ルリコシボタンインコ

2007年12月9日 お迎え***
個人のお宅で生まれた仔の
里親になりました
1歳2ヶ月の男の子
Little Juliaが大好き♪
手乗り度 0%
腕肩に乗っても手には乗らない.
最近 噛まなくなった


ボタンインコ...Little Julia
白ボタンインコ
秋生まれの Juliaの兄弟です
Birthday♪ 3月15日

2008年4月12日 お迎え***
ただ今、生後約10ヶ月 女の子
我が家に君臨する女王
自分自分自分中心の超わがまま
手乗り度 2%
ケージから出るときだけ手に乗る.
日々、野生化している(悲)






虹の橋に旅立った仔たち

ボタンインコ......Julia
白ボタンちゃんです
Joyと一緒に 12月9日に
我が家に来ました

お誕生日はJoyより遅いようです 2008年 2月 6日虹の橋へ
ボタンインコ......コロン
ブルーボタンです

2006年7月7日 お迎え
2007年11月18日虹の橋へ
たくさんの思い出を残してくれた
今でも私の一番の宝物です


お世話係...... ミマ

   
こよなく鳥を愛する女
飼い鳥を幸せにすることに
体力の半分を使っている



* 鳥ブログに参加しています

にほんブログ村 鳥ブログへ
ぽちっ♪と押してね
たくさんの鳥さんに出会えます♪♪




* 素材をお借りしています

MOBILE
qrcode
<< Julia が天に召された日 | main | 「ペレット」への道 .....5(動画) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
「原因は究明できない」という獣医


julia-001
  まだ飛べなかった頃の Julia
  末娘の洋服のポケットに入って遊んでいる




落鳥の前日、病院に行ったばかりだった。

2月4日の夕方、ケージに戻す前に Julia のオシリが汚れていることに気が付く。
下痢をしているようだ。ケージ入ると Julia は隅にうずくまって動かなかった。

翌5日、様子を見ているもやはり元気がない。餌はついばむもののわずかな量に思える。
予約をして夕方 病院に連れて行く。
触診、フンとそのう の検査をしてから「お腹をこわしている」との診断で、腸炎の薬と
ビタミン剤をもらう。

家に帰り、薬を餌に混ぜてスプーンで口まで持っていくと ほんの少しだけ食べた。
それが Juliaの最後の食事になってしまった。
翌朝、 Juliaが旅立ってしまうことなど 私には全く想像すらできなかった。


健康診断もしたばかりだった。「全く問題はありません。健康そのものです。」と
先生に言われ、私が小躍りしたい気分で帰路に着いたのは 落鳥の2週間前1月24
日のことだった。


どうしてこんなことになってしまったのか、納得のいかない私は 病院に電話をし、
前日診察してくれた先生を電話口に出してもらった。

「どうしてこんなことになったのか、原因を知りたい。もう一度、検査をして欲しい。
必要ならば解剖をしてもかまわない。」

すると先生は、「再検査をしても原因は究明できない。」という。
「解剖は院長の許可がないとできないが、したとしても原因は究明できない。お役に
立てず申し訳ありません。」

「原因を突き止めるのが医者の仕事ではないのか。」

「お役に立てず申し訳ありません。」

もう、それ以上 私は何も言えなかった。

2月4日の夕方、 Juliaの異変に気が付いたとき すぐに病院へ行かなかった、
全ては私の責任だった。

ごめんね・・・Julia
守ってあげられなくて 本当にごめんね。




julia-002
   すいぶん慣れてきた頃。
   カメラを持って近づいても可愛い顔をしてくれた




Julia はコロンと同じ、プランター葬にしました。
可愛らしいビスケットの形をした棺は 私の枕元にいつもあります。





       読んでくれてありがとう♪ 応援ちてピヨ♪♪   
にほんブログ村 鳥ブログ ボタンインコへ にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ 
| Julia の思い出 | 14:07 | comments(16) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 14:07 | - | - | pookmark |
コメント
体の小さい鳥さんは、事前の健康診断で何も問題がなくても
急変してしまうような事があるとはよく聞きますが
納得できないお気持ち、自分を責めてしまう気持ち、よく
わかります。鳥さんではありませんが私も同じ経験が
あります。その時はショックと悲しみの方が先に立ってしまって
病院側に説明を求める事もできませんでした。
病院側にきちんと説明を求めたミマさんは
飼い主としてあるべき姿だと思いました。

かわいいJuliaちゃん、これからずっとミマさんの
そばにいられます。つらい事よりも、元気だった
時の事を思い出してあげる事が一番の供養になると思います。
| chama | 2008/03/27 12:04 AM |
かわいそう。
おなかが痛くてつらかったろうね。
病院でも原因が分からないのでは、飼い主にはもっと原因が分からないからミマさんもとても困ったでしょう。

JoyちゃんやPalちゃんがそのキズついた心を癒してくれていると信じております。

| えつこ | 2008/03/27 11:25 AM |
前回の水浴びの件ですが、

レタスを浮かべた場合は鳥さんにあげる量を少量にしてあげてください。(別に害はないのですが、あまり栄養価が高くないので、少しだけあげる方が良いと思います。)

浮かべたものが小松菜なら、充分与えてもOKです。(とても栄養価が高いです)

ただ、私の今までの経験からすると、小松菜よりもレタスのほうが喜んで水浴びする場合が多いと思います。

いろいろ試してみて一番良い方法でチャレンジしてみてくださいませ。
| えつこ | 2008/03/27 11:30 AM |
Juliaちゃんの記事を読んで、以前飼っていた犬を思いだしました。
うちは避妊手術の時の糸が原因で腸に炎症性の腫瘍ができました。
病理検査に出したのに、簡単な説明だけで、結果は見せてもらえませんでした。(後で行った別の病院では、検査結果を見せてもらえて、原因が分かりました)
たぶん結果を見せられなかったんだと思います。
そこの病院には二度と行きません。
わたしも、いつかさくらのことを書こうと思います。
Juliaちゃん、コロンちゃん、さくら…亡くなった子たちが天国で幸せに暮らしていることを願います。
| みい | 2008/03/27 4:54 PM |
こんばんは。。。
Juliaちゃん天に召されたのですね私は何も知らずに…
家に居た初代ピコちゃんの事を思い出しました
Juliaちゃん今頃は天国のお花畑で仲間たちと楽しく揺りかごに揺られながら遊び回っていると思います、その中に家の初代ピコもJuliaちゃんたちと一緒に天国の虹の橋を行き来しながら渡っていると思っています!
| youko | 2008/03/27 7:36 PM |
ミマさんがJuliaちゃん(もちろん他の子も)を大切大切ににしてくださっているのは、里子に出して初めてメールを頂いた時に感じました。
お迎えの時のキャリーの手作りカバー、ケージのヒーターの周りの火傷防止、
Juliaちゃんがお星様になったと謝りの連絡いただいたときには驚きました。なんて正直なんだろう...だってだまっていたのならわからない事ですよね。
大切な我が子が産んだ子、だからこそ大切にしてくれるミマさんにお願いしたかったのです。
Juliaちゃんは最後まで幸せな子だったのですよ。

| チチ乃 | 2008/03/28 11:32 AM |
chamaさん、コメントありがとうございます。

突然落鳥してしまったときのショックがあまりにも大きくて、
これではJuliaは天国にいかれない・・と思いながらも
なかなか元気だった、楽しかった時の事を一番に思い出す
ことができないんですね・・。

病院側は何故、きちんとした説明ができなかったんだろうと、
未だに疑問です。どの病院もそうだとは思えません。

少し遠くなるけれど、これからは小鳥の専門病院に行こうと
思います。
| chamaさんへ・・ミマ | 2008/03/28 3:58 PM |
えつこ師匠、コメントありがとうございます。

たとえ病院側で原因が分からないとしても、もう一度検査をして
ほしかったのです。
その上で「やはりわからない」というならば、それで私も諦めが
ついたと思うのです。
もし原因がわかり、初回の検査結果が病院側のミスだったと
しても、
私はそれを責めようとは思わないのです。

どうしてかを、教えてほしかっただけなのです。

JoyとPalは、無垢な心で私を信じ、愛してくれます。
本当にありがたいと思います。


水浴びのお野菜に、サニーレタスとサラダ菜を買ってみました。
早速、チャレンジしてみます。
| えつこさんへ・・ミマ | 2008/03/28 4:13 PM |
みいさん、コメントありがとうございます。

医者といえども人間ですから、手術のミスや治療のミスが
絶対にないとは言い切れないことですよね。
それは、十分承知しているのです。

ただ、それを隠したり 自分の非を認めない態度は、医者と
してどうだろうか、と思います。

うちのインコの掛かり付けだった(もう行きませんので過去形
です)病院の先生は、医者としての姿勢はとても誠実で信頼
のできる先生であることには違いないのです。

ただ、鳥を治療することに関する知識や経験は、信頼するに
及ばなかったのです。

私は信頼のできる、鳥を診れる獣医を、Juliaのために見つけて
あげられなかったことをとても後悔しています。

天国で安らかに、幸せにしていることを祈るばかりです。

| みいさんへ・・ミマ | 2008/03/28 4:41 PM |
youkoさん、コメントありがとうございます。

ピコちゃんもJuliaも一緒に天国で幸せに楽しく遊んで
いるのでしょうね。
もう、なんの痛みも苦しみもなく・・・

いつか私の命が終わるとき、Juliaが虹の橋で迎えてくれ
たら嬉しいな・・と思います。
| youkoさんへ・・ミマ | 2008/03/28 4:47 PM |
チチ乃さま、コメントありがとうございます。

正直に申しますと、Juliaが亡くなったことは黙っていようかな、
とも考えたのです。
でも、自分が里子に出す立場だったらどうだろう・・大切な
自分の飼い鳥が生んだ大切な仔がたとえ亡くなったとしても、
私なら連絡をしてほしいと そう思うだろうと思い、メールを
しました。

この度、Juliaの兄弟が生まれたことをご連絡くださり、その
1羽をまた私にお譲りくださることを快く受けていただけました
ことは本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

「Juliaは最後まで幸せな子だった」と言っていただけたことが、
どんなに心強く、慰めになったかわかりません。

もう、ヒナちゃんをお迎えする準備はできています。
とても待ち遠しいです。


| チチ乃さまへ・・ミマ | 2008/03/28 5:09 PM |
ミマさんこんばんは

ずいぶんお辛かったのですね。25日と26日の記事を先日読ませて頂いて、あんまりびっくりしてすぐに声をかける(コメントを書く)ことができなくてすみません。

Juliaちゃんは十分幸せだったと思いますよ。確かに短い命だったかも知れませんがミマさんの愛情をたっぷり受けていたことが良く伝わってきました。Juliaちゃんの分も新しく来る仔とPalちゃん&Joyちゃんには楽しく過ごしてもらいたいですね。
 
 うちのまるというセキセイも去年旅立ってしまいました。その分今のチョコとコロには健康で楽しく過ごして欲しいと願っています。

 話されたことで、ミマさんのこころが良い形で整理できるとを願っています…これからも仲良くしてくださいね。よろしくおねがいします。
| choconuts5 | 2008/03/28 7:45 PM |
choconuts5さん、コメントありがとうございます。

異変に気が付いてから2日目で、あっという間に私の元を去って
しまったJuliaに対して、何の手も尽くしてあげられなかった
ことが今もなお、私を苦しめています。

暖かいコメントを本当にありがとうございます。
こちらこそ、これからもどうぞ仲良くしてくださいね。

近々、コロちゃんと同じ 白ボタンちゃんが我が家に来ます。
また様子を見にいらしてくださいね。
| choconuts5さんへ・・ミマ | 2008/03/29 2:52 PM |
そんなお辛い事があったのですね。。。

読みながら思ったのですが。。その時のかかりつけの動物病院は、N線沿いだったりしますか?
うちは最初は車だと一番近そうだったこととHPに「鳥も診れる」と書いてあったので、その動物病院へ通ってたのですが、骨折時で何度か通院した時に亡くしてしまって(やっぱり、原因ははっきりしませんでした)。それから小鳥の病院へ通うようになったので。。。

Juliaちゃんの兄弟をお迎えされるの、楽しみですね。
| エミ〜ゴ | 2008/03/30 3:56 PM |
エミ〜ゴさん、コメントありがとうございます。

車ですとN街道、N線だとN駅の、B動物病院です。
HPはなかったように思うのですが・・・24時間診療受付の
年中無休の病院です。

ここには4人、獣医さんがいらっしゃるのですが、Palが腸炎で
2週間毎日通院したことがあるのですが、院長先生は
犬の散歩以外、診察しているのを見たことがありませんでした。

私も春の健康診断からは、小鳥の病院に行こうと思います。

Juliaちゃんの兄弟、とても待ち遠しいです。
また遊びにいらしてくださいね。

| エミ〜ゴさんへ・・ミマ | 2008/03/30 8:20 PM |
たぶん同じ病院です!
HPはその病院独自のものでなく、小鳥も診れる病院リスト、みたいなところで見つけたように思います。
院長先生が小鳥に詳しいようですね?でも、最後の最後、帰宅してピョロちゃん一世がプラケースに横たわっているのを発見した時に、酸素をあてたりとか蘇生してくださったのが院長先生だった。。。ように思われます。
(普段の担当医は別の先生でした)

今後は、定期検診などでバッタリご一緒することもあるかも知れませんね♪
| エミ〜ゴ | 2008/03/31 5:41 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://jj-p.jugem.jp/trackback/58
トラックバック