* 迷い鳥保護しています*
オカメインコ シナモンパイド
保護した日: 6月3日
場所:横浜市緑区北八朔

詳しくは こちら★


バナー4




CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
* 迷い鳥保護しています*
オカメインコ シナモンパイド
保護した日: 6月3日
場所:横浜市緑区北八朔

詳しくは こちら★


バナー4







* 我が家の小鳥様 *

セキセイインコ......Pal
4色ハルクイン

2007年10月29日 お迎え***
1歳4ヶ月の男の子♪
本来は同居の両親の飼い鳥
2007年暮、ワケあって我が家に居候・・ そのまま居座ることに
手乗り度 100% 呼ぶと来る.
噛まれたことは1度もない


セキセイインコ.....上杉Ril
白ハルクイン
Birthday♪ 4月18日

2008年5月8日 お迎え***
ただ今、生後約10ヶ月
Palのお嫁さん候補だったのに
 ♂オスでしたっ
手乗り度 3% 下降の一途.
手に乗るより飛んでいたい時期


ボタンインコ......Joy
ルリコシボタンインコ

2007年12月9日 お迎え***
個人のお宅で生まれた仔の
里親になりました
1歳2ヶ月の男の子
Little Juliaが大好き♪
手乗り度 0%
腕肩に乗っても手には乗らない.
最近 噛まなくなった


ボタンインコ...Little Julia
白ボタンインコ
秋生まれの Juliaの兄弟です
Birthday♪ 3月15日

2008年4月12日 お迎え***
ただ今、生後約10ヶ月 女の子
我が家に君臨する女王
自分自分自分中心の超わがまま
手乗り度 2%
ケージから出るときだけ手に乗る.
日々、野生化している(悲)






虹の橋に旅立った仔たち

ボタンインコ......Julia
白ボタンちゃんです
Joyと一緒に 12月9日に
我が家に来ました

お誕生日はJoyより遅いようです 2008年 2月 6日虹の橋へ
ボタンインコ......コロン
ブルーボタンです

2006年7月7日 お迎え
2007年11月18日虹の橋へ
たくさんの思い出を残してくれた
今でも私の一番の宝物です


お世話係...... ミマ

   
こよなく鳥を愛する女
飼い鳥を幸せにすることに
体力の半分を使っている



* 鳥ブログに参加しています

にほんブログ村 鳥ブログへ
ぽちっ♪と押してね
たくさんの鳥さんに出会えます♪♪




* 素材をお借りしています

MOBILE
qrcode
<< 水浴び・・ する?どうする? | main | 「原因は究明できない」という獣医 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
Julia が天に召された日


今日は、先月6日にお星様になった Juliaのことを書こうと思います。

このページの左側の * 我が家の小鳥様 * に紹介しています、白ボタンインコの
とっても可愛い仔です。

ご縁があって、個人のお宅で生まれた仔をお譲りいただいたのですが、残念なことに
虹の橋に旅立ってしまいました。

Juliaを失った悲しみは癒えることなく、今も私は 泣きながらキーボードをたたいて
います。
昨日、その里親募集をされた飼い主さまより 連絡をいただき、この春生まれの
Julia の兄弟、小さな雛ちゃんをお譲りいただけることになりました。


雛ちゃんをお迎えする前に、私が愛してやまなかった Juliaのことをここに書き
記しておきたいのです。



Julia が天に召された日


朝、いつものように JoyとJuliaのケージの扉を開ける。
勢いよく飛び出してきた2羽は、部屋の中をぐるぐるバタバタ飛び回る。

私は朝の放鳥がとても好き。
狭いケージから出て、自由になれた喜びにウキウキして、
きっと楽しいんだなぁって思うと、私も嬉しくなれるから。

いきなり私の目の前に バサッと Juliaが落ちた。ビックリして抱き上げると
左足が痙攣している。「鳥が飛びながら落ちるなんて・・!」

主人を大声で呼び、Juliaをあずけて 急いで掛かりつけの病院に電話をし状態を
話しはじめると、隣の部屋の主人の声が耳に入ってくる。

「ああ、もうダメだ。死んじゃう、死んじゃう!」

気が気ではなく説明することすら儘ならない。
「一旦切りますから!」と、受話器を置いて急いで戻ると 
主人は Juliaに心臓マッサージをしていた。両足は伸びて、だらんとしている。

主人の指が Juliaの胸を押すと、ぴぃ・・と鳴く。
鳴くというより、押されて自然と声が出てしまうのか。

ぴぃ、ぴぃ・・、・・・、・・・

か細い声が、聞こえなくなった。
Juliaは 死んでしまった。


なんで

どうして・・・

私はあまりにも突然のことに涙も出ず、Juliaを抱えたまま ただ呆然としていた。


2月6日、Juliaが我が家に来てから2ヶ月。
コロンを亡くしてから3ヶ月も経っていなかった。





Julia-003
  我が家にお迎えしたばかりの2羽。
  お出かけキャリーに入っている Juliaを Joyが盛んに気にしている。






       読んでくれてありがとう♪ 応援ちてピヨ♪♪   
にほんブログ村 鳥ブログ ボタンインコへ にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ 
| Julia の思い出 | 12:56 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 12:56 | - | - | pookmark |
コメント
なんと言っていいのか・・・

ブログの文章からは、あなたと旦那さんが充分にかわいがって、できる限りの手を尽くした事がわかります。

一生懸命調べてできる限り細心の注意を払って育てていても、些細な事でもインコちゃんは死んじゃうことがあるみたいですね。
例えば、テフロンのフライパンを温めただけで、インコには毒であるガスが少し出るので個体差で落鳥する子もたまにいるとか聞いたときはぞっとしました。
でも、丈夫な子はやっちゃダメな事ばかりされて、でたらめに育てられても全然平気で長生きだったりとかあるんですよね・・・

命は難しいです。
| noharm | 2008/03/26 10:56 PM |
noharmさん、コメントありがとうございます。
このような暖かいコメントをいただけると心が癒されます。

本当に、なんという儚い命なんだろう・・と思います。
その仔その仔に与えられた命の長さはあるのかもしれません
が、どうして、そんなにあっけなく逝ってしまうのだろう
と、悲しい気持ちでいっぱいです。

テフロンのフライパンは知りませんでした。怖いですね。
思わぬところに危険はいくらでもあるんですね。

| noharmさんヘ・・ミマ | 2008/03/28 3:45 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://jj-p.jugem.jp/trackback/57
トラックバック