* 迷い鳥保護しています*
オカメインコ シナモンパイド
保護した日: 6月3日
場所:横浜市緑区北八朔

詳しくは こちら★


バナー4




CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
* 迷い鳥保護しています*
オカメインコ シナモンパイド
保護した日: 6月3日
場所:横浜市緑区北八朔

詳しくは こちら★


バナー4







* 我が家の小鳥様 *

セキセイインコ......Pal
4色ハルクイン

2007年10月29日 お迎え***
1歳4ヶ月の男の子♪
本来は同居の両親の飼い鳥
2007年暮、ワケあって我が家に居候・・ そのまま居座ることに
手乗り度 100% 呼ぶと来る.
噛まれたことは1度もない


セキセイインコ.....上杉Ril
白ハルクイン
Birthday♪ 4月18日

2008年5月8日 お迎え***
ただ今、生後約10ヶ月
Palのお嫁さん候補だったのに
 ♂オスでしたっ
手乗り度 3% 下降の一途.
手に乗るより飛んでいたい時期


ボタンインコ......Joy
ルリコシボタンインコ

2007年12月9日 お迎え***
個人のお宅で生まれた仔の
里親になりました
1歳2ヶ月の男の子
Little Juliaが大好き♪
手乗り度 0%
腕肩に乗っても手には乗らない.
最近 噛まなくなった


ボタンインコ...Little Julia
白ボタンインコ
秋生まれの Juliaの兄弟です
Birthday♪ 3月15日

2008年4月12日 お迎え***
ただ今、生後約10ヶ月 女の子
我が家に君臨する女王
自分自分自分中心の超わがまま
手乗り度 2%
ケージから出るときだけ手に乗る.
日々、野生化している(悲)






虹の橋に旅立った仔たち

ボタンインコ......Julia
白ボタンちゃんです
Joyと一緒に 12月9日に
我が家に来ました

お誕生日はJoyより遅いようです 2008年 2月 6日虹の橋へ
ボタンインコ......コロン
ブルーボタンです

2006年7月7日 お迎え
2007年11月18日虹の橋へ
たくさんの思い出を残してくれた
今でも私の一番の宝物です


お世話係...... ミマ

   
こよなく鳥を愛する女
飼い鳥を幸せにすることに
体力の半分を使っている



* 鳥ブログに参加しています

にほんブログ村 鳥ブログへ
ぽちっ♪と押してね
たくさんの鳥さんに出会えます♪♪




* 素材をお借りしています

MOBILE
qrcode
<< ラブバ〜ドの絆 | main | 今年もよろしく♪(遅っ) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
「卵管炎」という病気


今回の Juliaの入院、その後の通院となった病気は 「卵管炎」です。

ご存知の方がほとんどと思いますが、メスの生殖器の 「卵管」とは、卵巣と
総排泄腔をつなぐ管をいいます。
「子宮」と呼ばれる臓器はなく、卵管の下部がそれに当たります。

Juliaの場合、繁殖期の巣引き中であり、交尾中に何らかの雑菌が卵管に侵入し、
炎症をおこしたもの、ということでした。
繁殖期のメスは、オスの精子を受け入れるために 免疫力が落ちている そうで
このような病気にかかりやすいということでした。

また、巣引きをしていなくても、発情の激しいメスや産卵が異常に多い鳥にも
同じことが起こるそうです。


私が Juliaの 異変 に気が付いたのは、12月9日の朝、ケージカバーを外しても
巣箱から出てこないので、(中で死んでいるかも・・とかなり焦りました)
巣箱をトントンと指でたたいてみたのです。

すぐに出てきたのですが、とてもだるそうでホワッと膨らみ、目もうつろでした。
すると頭を振りながら食べたものを吐き散らしました。
フンの状態は、このように具合が悪くなる数日前から下痢ぎみでした。


治療方法 は、 卵管内の雑菌は臨床検査機関での検査により特定できるそう
ですが、Juliaの場合、腹水や膿が溜まるなどの進行した状態ではなかったため、
数種類ある抗生物質の中から Juliaに合ったものを投与する形がとられました。


Juliaは 12月9日から19日までの10日間の入院後、仮退院することができ、
それから1週間後の今日、26日に経過を診せに病院へ行ってきました。

仮退院後、ケージ内は 30度保温で、飲み水に混ぜる薬を与えています。
自分で餌もよく食べ、よく動きまわっており、体重は退院時の48gから(入院時は
1日3回の強制給餌でした) 45gに減っていましたが、「大丈夫でしょう。」という
ことで、本退院となりました。

次回の通院日は 年明けの9日で、2度目の血液検査をします。


私は、ほとんど1日中をインコたちと過ごし、毎日様子を見ているにもかかわらず、
「どうして気付いてやることができないんだろう。」と、あまりの不甲斐なさに
自己嫌悪になりそうでしたo( _ _ |||)o

私の持っている数冊の本にも 「卵管炎」は記載されているのですが、再度読んで
みると 「こういうときに注意しましょう」的な書き方ではないんですね。
「こういう病気があります」という紹介にすぎないのです。

なにも責任転換をしようという気はさらさらありませんが、鳥の成長に合わせた
「この時期に注意する病気」 みたいな書き方をしている本が欲しいな・・と切に
思いました。
もし、「そういう本ならありますよ〜」とご存知の方、いらっしゃいましたら
是非教えてください( ̄  ̄人)


粟穂

いつも1日に1回だけ、オヤツにもらっている粟穂ですが、今は「何でもいいから
食べてくれ〜〜」という願いから、1日に何度ももらえる粟穂。
Juliaは この赤い粟穂が大好きで、あげただけ全部平らげてくれます。



ご訪問ありがとうございます。

励みになりますので応援のぴかぴかポチッをお願いしますぴかぴか 
      にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ 

| Little Julia の記録 | 20:36 | comments(7) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 20:36 | - | - | pookmark |
コメント
卵管炎、知りませんでした。
うちのメスは、いたって健康で変わりないので知りませんでした。
うちには、もう1羽メスがいるので参考になります。

そうなんですよね。初心者にも判りやすく書いてくれれば助かるという事がありますよね。

| おかめ | 2008/12/26 10:31 PM |
本退院できたのですね。おめでとうございます!

本は確かに症状や時期から逆引きできるものがあるといいですよね。
ペットとしてはあまりメジャーな範囲には入らないから
なかなか進まないのかなぁ・・・
でもこうやって記事にしてくださったおかげで
私も卵管炎について知ることができました。
有益な情報をまとめてくださってありがとうございます。

それから、一日中鳥さんたちと一緒にいても、
見た目、下痢ぎみだけだとちょっと様子見しようと思って
なかなか本当の病気には気づかないものですよ・・・
だからそんなに自分を責めたりしないでくださいね。
| ayame | 2008/12/26 10:34 PM |
ミマさんこんばんは^^
繁殖期や換羽期など抵抗力や免疫力が落ちると
いわれている時期は特に気をつけてあげないといけない
んですね。♀は卵を持つことが大きい心配ですね。
今までうちは♂ばかりだったので安心していましたが
レイちゃんが♀と解ったので気をつけてあげようと
思います。確かに「この時期に気をつける病気」と
載っている本てないですね。私が読んだ事のある中では
病気について一番詳しく載っているのは
「コンパニオンバード百科」だと思います。

それと‥注文についての事もここに書かせて
いただきますね〜。バッグの事でいただいたメール
2通ともに返信したのですが届いていませんでしょうか?
12月19日と25日にいただいたメールです〜。
こちらではちゃんと「送信済」になっているのですが
サーバーの不具合でしょうかね?
今晩郵便局に受け取りにいってきます〜^^
本当にありがとうございました。またメールさせて
いただきます。
| chama | 2008/12/27 6:44 PM |
卵管炎、大変でしたね。
Juliaちゃんも、つらい状態にあると思いますが、頑張って元気になってもらいたいなと思います。

小鳥さんは具合が悪いのを隠すといいます。
だから、一緒にいる人や鳥たちに知られないように具合が悪くなっている事って多いそうですよ。
だから、ミマさんも気を落とさないでくださいね。
早くよくなりますように…
| えつこ | 2008/12/29 4:01 PM |
遅ればせながら、
本退院おめでとうございます。
Juliaちゃん、頑張りましたねっ!
仲良くみんなで楽しいお正月を。
きっとすっきり全快も遠くないですよ〜。
成長と体調のことなどを詳しく書いた本、
私も知りたいです。

| カロ母ちゃん | 2008/12/29 10:06 PM |
ミマさん、こんにちは。はじめまして。
セキセイ&コザクラ飼いのkgひろこと申します。
先日、インコちゃん用のテントを検索していて
こちらのブログにたどり着きました。
(今日、オーダー入れさせていただきました^^)

juliaちゃん、卵管炎で10日間の入院だったとのこと・・・
さぞご心配な日々だったことと思います。
無事に退院できて良かったですね。
今週の通院でも、良い経過が確認できるといいですね。

交尾の際に菌が入って卵管炎・・・
そういうケースもあるのですね〜。
私が持っている「Anifa Booksのインコの本」
を見てみたのですが、卵管炎についてわりと丁寧な説明が
なされていると思います。
(既にご存知でいたらスミマセン...)

女の子も男の子も、発情に絡む問題はなかなか
難しいですねぇ。


(初訪問で長文コメ失礼しましたm(__)m)
| kgひろこ | 2009/01/04 12:53 PM |
●おかめさん、こんばんは☆
ショップから持ってきてしまった病気は仕方が無いとしても、
やはり、「病気を持ち込まない。病気にさせない。」ことが
一番ですよね。特に鳥は病を隠してしまうし、日々注意深く
観察していないと取り返しのつかないことになってしまうの
でしょうね。。

● ayameさん、こんばんは☆
本退院できました〜ありがとうございます。完治までどのく
らい日数が掛かるのか、次の検査のときに聞いてみます。
以前、下痢をしたので大慌てで病院に行ったら、「水を飲み
過ぎただけ」ということもあり、なかなか病気と飲み過ぎの
下痢フンの区別は難しいです。。。
しかし、せめて飼い主だけには、具合の悪いのは隠さないで
ほしい・・と思ってしまいます。

「症状や時期から逆引きできるもの」
そうですよね!こういう本で、素人にもわかりやすく書いて
あったら申しぶんないですよね。

●chamaしゃん、こんばんは☆
「コンパニオンバード百科」と、「コンパニオンバード完全
ガイド」のどちらを買おうか迷った末、完全ガイドを買った
私です・・・この本、超詳しいと思うのですが、字が小さく
て〜!!(子供かよ)なんとなく「ちょっと読も〜」ってい
う感じではないんですよね(^^;

女の子ちゃんは、繁殖期・発情期には特に注意が必要なんで
すね・・・。

●えつこ師匠、こんばんは☆
ほんとうに・・・初めての巣引きで、楽しみにしていただけに残念でした。
Juliaの場合、薬がよく効いているようで、日に日に良くな
っているのがわかります。
何しろ、とても苦くてまずい薬なので、早く治ってくれたら
いいなと思います。

●カロ母ちゃん こんばんは☆
ありがとうございます。本退院できました^^
あとは、完治するまで頑張って通院します。
巣引きをしているからと、喜んでばかりはいられなかったん
ですねー。女の子はこんな病気になることがあるんですね。
Juliaには入院や点滴など、かわいそうな思いをさせてしま
いましたが、今後同じことを繰り返さないように注意したいと思います。

● kgひろこさん、こんばんは☆
「Anifa Booksのインコの本」
この本は知りませんでしたー。探してみます!

本当に、女の子も男の子も発情対策は悩みが多いですね。
換羽も、年2回ではおさまらないし・・・。
元気で長生きしてほしいと、過保護になってもいけないし、
なかなか難しいですよね。
| (^-^)ミマ管理人 | 2009/01/06 10:25 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://jj-p.jugem.jp/trackback/347
トラックバック